2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 彫刻の人と、とりあえずの法則 | トップページ | 2013年「レ・ミゼラブル」新演出バージョン上演決定☆ »

2011.10.12

「アントニーとクレオパトラ」10月8日マチネ

というわけで、観に行ってきました!
久々の蜷川シェイクスピアシリーズですが・・・
やっぱり、このくらいの役者さんを揃えてくれないと、観てて面白くないよね!
と思う私は、やっぱり蜷川演出のシェイクスピアは役者さんを選んでしまうんだなぁ~と改めて思ったのだった。
(何度も言いますが、私の好みの話です。)

さて、今回のお目当てはといえば・・・
そりゃ、鋼太郎さんのアントニーだってお目当てだったけど・・・
安蘭さんのクレオパトラを拝見!
これです、これ。
ずっと気になる役者さんだった安蘭さん。
やっとMITSUKOで初見でしたが、益々気になる役者さんになりまして。
これはストプレも観てみたいよね~!というわけで、チケットを取ってみたわけですが。
不思議な吸引力のある役者さんだよなぁ~と、やっぱり思った。
女王としての威厳とか品とかって話になると・・・
ちょっと違うような気もしなくはない・・・んだけど、
でもある種の、時折はっとするような、魅力は感じたというか。
2幕の毅然とした雰囲気とかは、秀逸でした。
面白い!
今後もちょっと意識して追いかけてみよーっと♪

アントニーの鋼太郎さんは、もうある意味鉄板です。
クレオパトラとのバカップルっぷりには、最初引きましたが(爆)
あの落差にやられるというか・・・
疑心暗鬼になるほどに、クレオパトラに惚れ込んでるアントニーを観ていると・・・
クレオパトラの愛との温度差に、何とも言えない気持ちになったり。
彼女の方は、ちょっと打算が入ってるよね、と思ってしまうので・・・

で!
池内さんのシーザー!
イリアスのヘクトルの人だ!と第一声で大喜び。
どうやら、かなり気に入っていた模様(笑)
この手の役、ぴったり♪だし、存在感素晴らしいです!

最後に、個人的ダークホース。
じゅんさんのイノバーバス。
彼がアントニーを裏切った後のシーンで、
アントニーが、彼が置いて行った貴重品と贈り物を届けさせるシーンがあるのですが。
それを見た瞬間からの、イノバーバスの心情が手に取るように理解できて・・・
気がついたら、ついうっかり泣いてしまったよ・・・

ポンペイの横田さんも、やっぱり大好きだ!と思った!
アントニー&シーザー&ポンペイの並びは・・・個人的には眩暈がするくらい素敵過ぎだった!
濃いけど!濃すぎるけど!(爆笑)
あの舞台上は、あれくらい濃くても可!(笑)

概ね満足♪でした。

« 彫刻の人と、とりあえずの法則 | トップページ | 2013年「レ・ミゼラブル」新演出バージョン上演決定☆ »

コメント

レポ、ありがとうございました(メールも!)

安蘭さん、吸引力ありますよね~!!!わかります。
ちょっとこの役にしては弱い?感じなんですかね~。細い、というか。

☆シリウス様

あの濃い面子の中でも、全然かすまない安蘭さんは凄いのだと思います(笑)
弱い・・・とかではないです。
むしろ、強すぎると感じたくらいですから。
でも、何となく・・・ちょっと違うかな?と思ったりしたのでした。
それも2幕になってしまえば、全然感じなくなったので・・・

何にせよ、やっぱり面白い役者さんだな!と。

>濃い面子

爆笑!!(声に出して笑いそうになりました)

※コメント不要です

☆シリウス様

だって全てが濃いですもの!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アントニーとクレオパトラ」10月8日マチネ:

« 彫刻の人と、とりあえずの法則 | トップページ | 2013年「レ・ミゼラブル」新演出バージョン上演決定☆ »